RBA OFFICIAL
 
2016/02/18(木) 00:00

東京建物 「Bloomoi(ブルーモワ)」が「理想のリビング空間」公開

投稿者:  牧田司

中面_アイランドキッチン.jpg
アイランドキッチン

 東京建物は2月17日、“働く女性がもっと幸せになる住まい”をテーマに約1年間にわたって研究を進めてきた成果「理想のリビング空間」の実物大を新宿・ACTUS新宿店に展示、報道陣に公開した。

 同社が平成24年10月に立ち上げた、10名の女性社員からなるプロジェクト「Bloomoi(ブルーモワ)」と、一般公募による女性参加者10名で構成される「Bloomoi Mates(ブルーモワ メイツ)」が共同で研究を進めてきたもの。

 「理想のリビング空間」は、作り手の思いこみやライフステージにとらわれず、実現性の高い理想の空間を提案しているのが特徴で、「アランドキッチン」「ブルーモワアライブラリー」「ブルーモワポケット」「壁面収納」など6つの提案が約20畳大の空間に展示されている。

 ブルーモワのリーダーである住宅商品管理部商品企画グループ課長代理・野口真利子氏は「夢のようなものでなく、現実的な夢の空間を提案した。トータルでも部分的でもマンションの商品企画に生かしていきたい」と話した。

 「理想のリビング空間」は2月19日(金)~2月28日(日)、ACTUS新宿店(新宿区新宿2-19-1 BYGSビル、都営新宿線・丸の内線新宿三丁目駅C-8出口徒歩1分)2階特設スペースで展示される。

中面_ブルーモワポケット.jpg
ブルーモワポケット

中面_ブルーモワライブラリー開02.jpg
ブルーモワライブラリー

中面_壁面収納開.jpg
壁面収納

◇    ◆   ◇

 ブルーモワは発足当初から注目し期待もしている。リーダーの野口氏には発足時に取材しており、その後、マンションの販売事務所でもお会いしている。スタッフの一人、住宅営業戦略部マーケティンググループ課長代理・田所照代氏には10年くらい前インタビューし、じっくり話を聞いている。二人ともしっかりしたビジョンを持っておられた。彼女たちが東建を背負っていくのだろうと確信した。

 ブルーモワが存在感を示したのは「Brillia日本橋三越前」だ。男性が企画したら絶対思いつかないような意表をつく提案が随所に盛り込まれていたのに驚嘆した。不特定多数のお客さんに販売するのにはやりすぎではないかと不安も覚えたが、ものの見事に早期完売した。

 そして今回だ。一つひとつは書かないが、カウンタースペースも含め3m×1.2mのアイランドキッチンがいい。来客時には隠せる開き戸付きの「ブルーモワライブラリー」、いつも使うものを収める「ブルーモワポケット」も〝あったらいいな〟と思わせるものだし、お洒落な「壁面収納」はみんなを納得させるものだろう。

 説明会で配布された資料の中には、ブルーモワが企画したアイデアが20点近くA4の紙にびっしり掲載されていた。なるほどというものばかりだ。

pixlr_IMG_4718.jpg
ブルーモワのメンバー(2人は産休中とか)

Bloomoiメイツ集合写真.jpg
ブルーモワ メイツのメンバー

◇       ◆     ◇

 これはすべてのデベロッパー社長に対してもだが、同社の佐久間一氏にはお願いがある。佐久間氏が社長に就任した頃だから4年前だ。「女性登用」について質問したことがある。佐久間社長は「中間管理職次第だろう」と応えた。

 正直に言えば、数的に圧倒的優位にある男性の側から女性登用を進言する勇気ある幹部がいるのだろうかと思った。ダイバーシティを積極的に推し進め、業績でも結果を残している企業はほとんど例外なくトップの決断によるものだ。

 人材の育成、女性登用は首相の解散権行使と一緒だ。トップの専権事項だ。佐久間社長にはぜひとも「女性活躍」を推進していただきたい。ブルーモワは女性の力をまざまざと内外に示して見せた。同社には綺羅星のごとく輝く女性がいるに違いない。同社こそ「女性活躍」のトップランナーにふさわしい。

中面_ブルーモワメイツミーティング4回目.jpg
双方によるミーティング

“プラウド”に挑戦状 ほぼ同じ単価で「Brillia日本橋三越前」(2015/2/27)

東京建物「Bloomoi(ブルーモア)」 第1弾プロジェクト発表(2013/5/29)

東京建物 働く女性の「Bloomoi/ブルーモワ」に期待(2012/11/5)

 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン