RBA OFFICIAL
 
2019/02/23(土) 13:36

住友不 高級賃貸5千戸突破 〝ラ・トゥール〟「渋谷神南」「渋谷宇田川」完成

投稿者:  牧田司

LT渋谷宇田川_外観.jpg
「ラ・トゥール渋谷宇田川」

 住友不動産は2月22日、高級賃貸マンション「ラ・トゥール」シリーズの「ラ・トゥール渋谷神南」と「ラ・トゥール渋谷宇田川」の竣工見学会を行った。前者はNHKや明治神宮、代々木公園の借景が素晴らしく、より渋谷駅に近い後者は免震構造のオフィスと合築で、空地率が半分くらいあるのが特徴。双方とも平均坪賃料は3万円くらいになる模様だ。ともに総合設計制度の適用を受けている。

 「渋谷神南」は、JR渋谷駅から徒歩10分、渋谷区神南1丁目に位置する敷地面積約775㎡、延床面積約6,966㎡の22階建て全54戸。専用面積は73.68~130.28㎡。竣工は2019年1月8日。容積は500%から650%へ緩和されている。

 「渋谷宇田川」は、JR渋谷駅から徒歩7分、渋谷区宇田川町に位置する敷地面積約5,226㎡、延床面積約37,942㎡の免震構造21階建て総戸数40戸(権利者住戸17戸含む)。専用面積54.31~126.22㎡。竣工は2019年2月28日。容積は400%から550%へ緩和されている。

 「ラ・トゥール」は、2000年に竣工した「代官山」を皮切りにこれまで25棟・約3,400戸を所有。平均専有面積は100㎡以上、平均賃料は約60万円。入居者は企業経営者、外資系企業駐日役員、各界著名人など。ほとんどが満室という。

 見学会に臨んだ同社賃貸住宅事業部長・堀慎一氏は「今期、当社は6物件760戸の賃貸を完成させ、トータルで5,000戸を突破する。そのうち約7割、3,500戸を占める都心立地に絞った『ラ・トゥール』は今回の渋谷の2物件のほか、『京都東山』『札幌伊藤』の地方も初進出する。20年前の第一弾の『代官山』を供給したころは外国人の比率が高かったが、最近の外国人比率は2~3割で、日本の富裕層の比率が高まってきている。マーケットの拡大、すそ野の広がりを感じる。渋谷はこれまで高級賃貸が少なく、賃料水準は著しくあがってきている」などと語った。

LT渋谷神南_北西外観.jpg
「ラ・トゥール渋谷神南」

LT渋谷神南_窓寄り眺望.jpg
「ラ・トゥール渋谷神南」眺望

LT渋谷宇田川_パノラマ_渋谷_夜景_01 .jpg
「ラ・トゥール渋谷宇田川」眺望

  賃貸マンション戸数の推移はこちら

◇       ◆     ◇

 同社の「ラ・トゥール」を見学するのは10年ぶり。平均賃料が約60万円で、約3,400戸が満室というからすごい。

 今回の「渋谷神南」は旧マンションで、標準階フロア3戸すべてが角住戸。天井高は2.65m以上。22階の128㎡の住戸の賃料は130~140万円になるというから、坪賃料は3.5万円くらいか。利回りを5%ととすると、分譲マンションの坪単価に換算すると850万円くらいになる(三井不動産レジデンシャルの定借「渋谷タワー」は坪単価900万円を突破しているのではないか)。北側住戸の眼下にはNHK、明治神宮、代々木公園などが見渡せる。

 賃料は「神南より気持ち高くなる」(関係者)「宇田川」は、総合設計制度の適用を受けているのか、大きな公開空地を設けており、免震構造を採用。18階以上が賃貸となる。17階には200㎡を超える屋上庭園が設置されている。17階まではサイバーエージェントの「アベマタワーズ」が入居する。

 よくもこんな広い土地が残っていたものだと聞いたら、スタジオなどかあったところで同社は10年くらい前から地権者などと協議を進めてきたという。

LT渋谷宇田川_専有部内観.jpg
「ラ・トゥール渋谷宇田川」

IMG_4929.jpg
「ラ・トゥール渋谷宇田川」

LT渋谷宇田川_共用廊下から屋上緑化.jpg
「ラ・トゥール渋谷宇田川」屋上庭園

住友不 44階建て全842戸の賃貸マンション「セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿」竣工へ(2009/9/18)

 

rbay_ayumi.gif

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン